« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

さくっとHR9!!

xlinkで見ず知らずの方と狩りに行くが楽しみな冬弥です。
もちろん狩りもいいのですが、特に装備をチェックするのが楽しみです。
でも今までガンランス使ってる人は見たことないですorz
ランスを使用している方はいたんですけどね・・・

【前回の記事を見直してみて】
あるぇー?パピメルでも回避距離UPつくんじゃなかったっけ?
なんとなくそんな気ががが。

【HR9になりました!】
休日にkaiでいろいろまわりつつキークエ潰して、緊急たこ・・もといヤマツ狩猟し、昇格!!
やっと古龍種と戦えるよー。
というわけで現在、装備作成のための素材と資金確保に勤しんでます。
天鱗とか天殻とかすごく・・・でないです・・・。
GルナZつくって常時激運したいです。

【ガンランス使用回数 500回突破】
まっしぐら過ぎです。本当に(ry
いや、ハンマーとかへビィとか弓とか使ってるけど、ガンスだけ頭10個くらい突き抜けてる。
どんだけ好きなんだとwww
そして5/30配信でクシャの素材使ったガンスががが!!
MHFにはあったみたいなんだけど、あっちの情報は知らないんので今からwktkです。
クシャ素材だから氷かな??

【目指すガンサーのスタイル】
結果的にはプレイスタイルしだいなんだろうけど、回避型の方がやってて楽しそう。
まあニコニコの回避性能+2したランサーの方がありとあらゆる攻撃をステップで避けて
いるのをみたからなんですが。
ちなみにナルガの尻尾とリオ夫妻の突進・尻尾、テオの粉塵爆発・ブレスは回避性能+2を
つけたガンスでも避けれることを確認済。
特にナルガはG級ソロでガチだと脳汁でます。
今度はグラビームにもチャレンジ予定。ほんと盾なんてただのかz(ry

【イベントクエにいってきた】
<アメザリカーニバル>
素敵武器が作れるみたいなのでいってきました。
特に何事もなく無事狩猟。
そしてお約束で足りない素材w
アメザリクロウだけは作りたい!!
マタイッテキマース [かに]λ....

<炎帝の凱旋>
G級Jテオはちょっと・・・だったので、上位Jテオいってきた。
・・・どうみても攻撃力がG級並です。本当にありがとうございましたorz
これG級Jテオはどうなるんだか・・・。
とりあえず海賊Jチケット足りません。海賊装備つくれないじゃまいか!!
マタイッテキマース [旦那]λ.....

後は上位とG級ミラにいきたいなあ。上位ミラは1人でいったけど時間切れ。
後半飛びすぎだっつーの、もうっ!!
まあ爆弾持たずに砲モロコシの砲撃だけでなんとかしようとした自分も悪いんですが。
持てるだけのタルG+調合素材と大砲モロコシなら、なんとかなりそう。

え?マガジンティガと魔王?
・・・うん、そのうちそのうち。
魔王はいきたいけど、ティガは別に作りたい武器では無いしなあ・・・。
まあ、そのうち某ひげの人に連れて行かれそうな気がしないでもない。

閑話休題

アクエリアンエイジのゲームデザイナーである中井まれかつ氏が亡くなったそうです。(ソース⇒
謹んでご冥福をお祈り致します。
アクエリはもっともお金と時間つぎ込んだ趣味だったなあ。
いろいろ思い出があるだけに、この訃報を見かけたときにはびっくりしました。
今後もアクエリアンエイジが更なる発展をしていくことを願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HR8に昇格!!

kaiでひげの人とG☆1⇒☆2の緊急クエの絶影へ。
つか俺、ナルガ初見なんですが。
武器はひげの人:片手、俺:ガンス。

結果は俺が2死しつつも、リアル火事場発動し、討伐完了。
秘薬忘れるとか俺正座。ビバいにしえの秘薬!!
報酬もガンスで頭破壊とひげの人の片手で尻尾切りでうっうlt(ry
そして、HR8キター!!

で、今度はひげの人のHRあげるために再戦。
武器はひげの人:太刀 俺:ガンス。
慣れてきたこともあり結構余裕をもってで立ち回れたんだけど、ひげの人2死&俺1死で失敗。
最大の敵は同期ズレによる瞬間移動でした。
いきなり俺が死んでたときは本気でポルナレフだったw

以下、ガンスでの対戦経験2回の俺が対ナルガのガンス立ち回りとか書いてみる。

●無理についていこうとしない
 ボスモンスターの中でダントツのスピードを誇るナルガ。
 それに対して機動力が無いガンスがついていこうというのは無理な話。
 よってあちこち飛び回るナルガを追いかけるのはやめること。
 必ず止まるタイミング(尻尾振りとか鱗飛ばしとか)があるのでそこを狙って攻撃をしかけること。

●エルボーは右側に
 ナルガの攻撃でケルビステップエルボー(名前適当)があるんだけど、
 一発目は必ずナルガを正面に見て左側に飛びます。
 なのでナルガがエルボーの体制を取ったらすかさず右側から攻撃をしかけること。
 うっかり左側から攻撃していてエルボー体勢になったらナルガの左側面に逃げること。
 引っ掛かるかもしれないけど、避けられることが多いです。

●尻尾はやり過ごせばチャンス
 ナルガがくるっとまわって尻尾を向けたら要注意。尻尾振り上げ⇒叩きつけです。
 閃光玉でピヨらせても、この攻撃はしてきます。
 防御力が450以上でも喰らうと8割持ってかれる、かなり痛い攻撃です。
 ですが、この攻撃は尻尾にしか当り判定が無いので避けようと思えばいくらでも避けれます。
 「うはww余裕ww」とか思うかもしれませんが、予備動作から攻撃までが恐ろしく早いので、
 予備動作見逃してるとあっさり逝けます。
 ただし、この攻撃の後は尻尾の棘が地面に刺さり、ナルガが尻尾を抜くまでに隙ができます。
 よって攻撃し放題になるので、このモーションを見たら尻尾の直線状から離脱またはガードしましょう。
 後はやりたい放題です。
 ただ、たま~にガードの場合はめくられて喰らうことがあります。立ち位置の関係だとは思いますが
 ガードする際にはご注意を。

●鱗飛ばしはガードして安心
 ナルガが尻尾を直立させてブンブン振り回し始めたら鱗飛ばしをしてきます。(通常は3way、怒り時は5way?)
 これも喰らうと結構痛いです。
 ですが、ガードしてしまえば尻尾攻撃ほどではないですが隙ができます。また予備動作~攻撃までの間も多少隙ができます。
 隙を活かして攻撃の手数を増やしましょう。

●あると便利なスキルとか
 ・ガード性能+α:なくても何とかなるんだろうけど、あったほうが間違いなく心強い。
 ・斬れ味+1   :G級は緑ゲージでも平気ではじかれるので。
 ・心眼     :     〃
 ・砥石使用高速化:斬れ味+1つけられない場合は是非。
 ・業物     :     〃
 ・根性     :事故死防止に。
 ・回避距離アップ:ナルガ狩らないと装備&珠作れないのがネック。バックステップの距離増えるのでH&Aが楽に。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩る子は育つ

結果、あっさりG級になりました。
キークエ速攻でこなして、シェン⇒アカム⇒ヒプ2匹であっさりとHR7。
ひげの人もG級にあがり、二人でG級です。
しかしG級いくと装備が豪華だ。
珠入れて高速採取&高速設置&ボマー発動できるメルホアZとか、高級耳栓&ランナー&
広域化+1を発動できるフルフルZとか。

最近はひげの人がメルホアZ、俺フルフルZで睡爆です。
ただ、爆弾設置⇒即誤射⇒アッー!!で既に2、3回程キャンプ送りにしている気がw

作りたいもの忘れないうちにメモ。

<とても作りたいものリスト>
 ●ハイガノスパイク!!
 ●G級用 状態異常強化・ボマー・高速設置の防具(メルホア+αかな)
 ●G級用 ガード性能+2、ガード強化の防具

<なんとなく作りたいリスト>
 ○双剣(各種属性)
 ○ランス(各種属性)
 ○Lボウガン(各種属性)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すくすく育ってます

気がついたら、すっかりHR6です。
相変わらずガンランスまっしぐらです。
他の武器作るのが面倒とも言うw

最近はガンチャリ作るため、ここ1週間くらい毎日2~3体のリオレウス狩ってます。
・・・が、火竜の骨髄と紅玉がでません。かわりに逆鱗がぽこぽこ出るんですが。
3体狩って逆鱗2枚とか正気の沙汰じゃないw
まあ、どう見ても高性能物欲センサーの仕業です。本当にあr(ry

持ってない火と氷のガンランス作ったら、属性持ちは一通り完成。
当分は素材集めになりそうです。とりあえずナナテオ夫妻とドドブラは
見るのも嫌なくらいに狩ることになりそうです(´・ω・`)

閑話休題

最近、会社で狩り友が出来ました。
経験者のS(太刀)さんと初心者のT(片手)さん。
3人で昼休みにわいわいやるのが最近の楽しみだったりします。
当分はTさんへレクチャーしながらの狩りですが、一通り立ち回り覚えたら
あちこち連れ回そうと画策中です。
とりあえず、ティガ2匹やラージャンときゃっきゃしてもらおうと思います。

また社外にも狩り友が2人できました。
某Rなひげの人(太刀メインで何でも)とそのご友人のU(双剣)さん。
会社が早く上がれる日にはリアル集会所に通うことになりそうです。
ひげの人も引き継いでHR6だし、UさんもHR4なのでバリバリ上位いけます。
当分は上位こなしつつ、あわよくばUさんのHRを挙げてG級デビューを目論み中w

世の中は既にG級の話題で持ちきりですが、焦らずマイペースでG級目指そうかと思います。
とかいいつつ、ひげの人がG級いったら速攻で上位クエこなしてG級いくんだろうなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »